プロフィール

IMG_91871峯 優子(ピアノ)

熊本市出身。ピアノを家城由紀恵、中島和代、井上直幸、玉置善巳、竹内啓子の各氏に師事。熊本高校、桐朋学園大学卒業後、2000年に熊本市人作り基金の援助を受け、ドイツ国立ロストック音楽演劇大学に留学し、マティアス・キルシュネライトに師事。2005年、同大学院を最優秀で卒業。その後同大学で室内楽を学び2007年に終了。在学中より積極的な演奏活動を始める。2003年、シューベルト国際ピアノコンクール(ドイツ)第3位、2005年、ヴィオッティ国際ピアノコンクール第 2 位を受賞。これまでにソリストとして、ポーランド室内管弦楽団、サンレモ交響楽団、新ヴェストファーレン管弦楽団、北ドイツ管弦楽団、フォアポンメルン歌劇場交響楽団、九州交響楽団、熊本交響楽団などと共演。また室内楽奏者としても活躍しており、そのレパートリーは幅広い。現在、ドイツ国立ロストック音楽演劇大学の講師。

 

IMG_8668マティアス・エリンガー(ヴァイオリン)

ドール(フランス)に生まれる。父はドイツ人、母はフランス人。ドイツ国立ザールランド音楽演劇大学にて、ヨシュア・エプシュタインに師事。オーケストラ・室内楽・ソリストコース(大学院)を終了。在学中より数々の録音に参加(アルトゥス・カルテット、ベルギー放送交響楽団など)、ドイツ・フランス・スペイン・イギリスなど各地で演奏する。参加したオーケストラは、SWR放送交響楽団、ルクセンブルグフィルハーモニー、ロレーヌ国立交響楽団、ザールランド放送交響楽団など数多い。ザールランド国立歌劇場にて4年間第2ヴァイオリンを務めた後、2008年にヴェルディ弦楽四重奏団の第2 ヴァイオリニストとして抜擢され、現在、ドイツラジオ放送などの出演やマティアス・キルシュネライト、ヴォルフガング・マイヤーとの共演など、ヨーロッパを中心に各地で活躍している